上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春休みが終わる前に大会出ておこうと思って、新越谷公認に参加してきました。
なんだかんだ純正な呪符コンで大会出ることは少なかった(改新デッキは呪符詐称コンなので純正でないものとする)わけですが、今回は覚悟を決めてメインデッキの呪符コンで行くことにしました。
目標は2勝ライン。

今回のデッキはこちら。

【Character】16枚
3,929,物部 布都
2,1049,村紗 水蜜
3,1375,リグル・ナイトバグ
1,1387,鬼人 正邪
3,1602,ホフゴブリン
3,1613,梅霖の妖精
1,1823,ドレミー・スイート

【Spell】6枚
3,266,毒符「神経の毒」
3,1001,隠蟲「永夜蟄居」

【Command】28枚
3,092,強引な取引
3,462,是非曲直庁の威令
3,545,疑惑の五芒星
3,627,胡蝶夢丸
3,631,異郷の薬売り
2,983,夢殿大祀廟
2,1100,神前試合
3,1119,陰謀論
2,1204,妖魔夜行
2,1565,紫色を超える光
2,1886,スペース発電機

【Sideboard】
1,690,永江 衣玖
1,1030,朱鷺色の妖怪
2,445,禁弾「カタディオプトリック」
2,384,運命のダークサイド
2,634,イリュージョナリィブラスト
1,1556,インドラの雷
1,1573,悪夢の終わり

布都と呪符でボードをコントロールしつつ、リグルで夢蝶を生成しクロックを刻むデッキになります。呪符リグル・アクセントで正邪といったところでしょうか。
コマンドタイミングでの除去が薄い為、リグルを立たせての蟄居である程度カバーする形となっています。

このデッキの特筆点は妖魔夜行です。このカードによりピン投の妖怪を使い分け、またサイドの幅を増やす構築としています。
ウィニーに対しては攻撃の干渉でドレミー、蟄居を構えるためのリグル、呪符のダメージ・夢蝶・ゴブリン等の打点を増やす正邪などの使い分けにより幅広い役割を持たせています。
特に正邪が嵌ったときの爆発力が大きく、キーカードとして十分な仕事をしたといえるでしょう。



それではレポに。
ダメージソースは夢蝶、ゴブリン、神経毒が多く、そのため1点刻みの削りが非常に多いです。


一戦目 にしうりさん
難題輝夜 ××
一ゲーム目
 自分:25→19→14→7→-4
 相手:25→24→27→26→29→32
 美しき檻で輝夜をサーチされ装備を壺で割って3ドロー、難題貼られた後にも2回ほど壺を割られる。神器持った輝夜に殴られ乙。
 神前も引かなかったのでなにもできませんでした、呪符コンに難題なんかぶつけてはいけない(戒め)
 
二ゲーム目
 自分:25→15→5→-5
 相手:25→24→23→22
 初手の神前を貼って手札に紫色を抱える。これでどうにかなるかと思ったら輝夜プレイから普通に玉の枝がつく。
 咄嗟に手札の胡蝶夢丸を貼ったけれど、維持コス(2)は毎ターンノードセットすれば維持できる値なんですよね…
 玉の枝持った輝夜を除去できず、3回殴られて終了。


二戦目 AZさん
アリス人形 ○○
一ゲーム目
 自分:25→20→15
 相手:25→24→23→17→11→5→2→-1
 お互いに神前を貼る。むこうは更にカタディを貼ってきた。
 符アリスプレイからアリオーシュサーチ、そのまま出てくる。山を除外して数回殴られる。
 こちらはゴブリンで加速に徹する。ある程度余裕が出来てきたところで盤面を除去し正邪を立てる。
 正邪によって6点になったゴブリンで押し切った感じ。

二ゲーム目
 自分:25→20
 相手:25→24→23→15→14→13→5→4→3→0
 相手にまたも神前を貼られる。しかしカタディはなかったので特に支障はナシ。
 今度は素引きのアリオーシュに殴られるが除去。
 正邪とリグルが手を組んだことにより、夢蝶がG0の8点隠密とかいうアホみたいなスペックになったのでそのまま押し切った。


三戦目 kainさん
白蓮妖怪絵巻 ○○
一ゲーム目
 自分:25→24→5
 相手:25→24→23→22→21→20→19→18→17→16→15→14→13→12→11→10→投
 初手にゴブリンが2枚いたのでとりあえず2枚とも出てもらう。
 スリーストライクあたりで妖怪が並び、絵巻も絡んで聖が変身。
 一撃もらうが相手はノードがなかったので五芒星でご退場いただき、まわりの小型妖怪も水蜜で一掃。
 ゴブリンや夢蝶などのリスクのない1点ソースで刻み、10点が圏内になったあたりで相手が投了。

二ゲーム目
 自分:25→11→7→3→1
 相手:25→14→13→12→11→10→9→8→5→投
 やはり妖怪が並び、絵巻を持ったオレンジに14点で殴られ、また変身した聖も立つ。
 とりあえず寝ている聖を後にまわしつつオレンジを除去。次ターンで殴ってきた聖をブラストで反射した後に除去。
 いつもどおり細かく刻み、小型は水蜜で対応。これで十全に勝てるかと思ったら布都にうつせみ地蔵変化が飛んできて肝を冷やした(3→1)。もし布都が加護(3)だったら負けていた。


四戦目 ババールさん
妹紅軸 ○×△
一ゲーム目
 自分:25→18
 相手:25→24→21→20→17→16→15→14→13→12→11→10→9→8→7→6→5→2→-2
 相手は魔理沙と阿求でシステムを固めてくる。長く生存されると困るので、さっさとリグルを出して蟄居で魔理沙に冬眠してもらう。
 もらった一撃は蘇生した17妹紅。その後冥界に落ちたところを発電機で抜く。干渉発電機(ドロー潰し)されたので妹紅1枚だけを目標にしたのは英断だったっぽい。
 最後の3点4点は布都で割れた呪符と神経毒だった筈。

二ゲーム目
 自分:25→24→22→20→18→16→14→6→-2
 相手:25→24→23→22→20→18→12→11→7
 盤面を作りつつ刻み。布都を立てて神経毒を2枚(22→20→18→12はキャラ2枚に1枚ずつ毒ついてプレイダメージ2回、そのダメージでキャラが落ちて3点*2)。
 ダビデを撃たれたので干渉ゴブリン、事なきを得たかと思ったら更に天密を撃たれる。抵抗(2)払って陰謀したけど普通に威令されノードは0に。3コスト起動で盤面一掃された。
 13ルーミアに殴られる。攻撃通ったとこにブラスト反応するかと思ったらルーミアは見る効果でした。テキスト改訂しない?
 あろうことか、ブラストを伏せるという重大なプレミをやらかす(ルーミアに手札を確認し続けられることを何故か失念していた模様)。
 盤面で勝てず妹紅、ついには11マミゾウまで出られ圧殺される。

三ゲーム目
 自分:25
 相手:25→24→21
 開始時点で既にもう時間がなく、すぐにエクストラターンに突入。
 お互いに早いデッキでもないので時間切れで引き分け。



結果、2勝1敗1分でした。目標ラインが達成できたのでそこそこ満足です。
呪符コンというよりリグルビートしてた気もします。多分ババールさん相手のときが一番呪符コンしてた。
状況が大きく動くマッチは楽しいですね、水蜜で小型を抑えたりブラストしたりは楽しかった。天密で結局流されたりしちゃったのもなんだかんだ楽しい。
でも難題は駄目だ、許さぬ。
スポンサーサイト

【2016/03/23 22:40】 | 大会
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。